スーツシーズン5第4話までの感想! メーガン・マークル婚約記念!

ドラマ「スーツ」でマイクの恋人レイチェル役で出演しているメーガン・マークルさんが、11月27日イギリス王室のヘンリー王子と婚約したことを発表しましたね!

結婚式は2018年春に行われる見通しだそうです。海外ドラマファンとしてもうれしいことです。

さて「スーツシーズン5」4話目までの感想です。

シーズン4でレイチェルにプロポーズをしたマイク。

2人は婚約のことを、職場にはしばらく内緒にしておくことにする。

ハーヴィーはドナにルイスの秘書になると告げられ、ショックを受けパニック障害になりカウンセリングを受ける。(いがいとたたかれ弱いハーヴィー)


Sponsered Link

シニアパートナーのジャック・ソロフからパートナーの給与体系の変更について提案されたルイス。ハーヴィーにとっては減給となる内容でルイスはドナのこともありハーヴィーに自分が味方であることをアピールしようとするが…

元同僚ジミーから集団訴訟の案件をもらったマイクは、ひどい扱いを受けた原告団のひとりであるエマと会い同情し助けようと決意するがジェシカに却下される。困ったマイクはレイチェルの父ロバートと進めることにするのだが・・・


Sponsered Link

またいつもの内輪もめの連続なのですが、今回はハーヴィーがかなり責められ弱気な部分がみられる珍しい展開。

マイクはレイチェルの父と全くウマがあわず、本当に結婚できるんでしょうか。

このドラマはウォーキングデッドと違い話がどんどん進んでいくので、疾走感があっていいですよね!!

今後も楽しみです。

huluでシーズン5まで一挙配信中です。

それでは・・・ 


Sponsered Link


Sponsered Link

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。