スタン・リーのラッキーマン シーズン1 第2話までの感想ネタバレ注意!

 

「スタン・リーのラッキーマン」はアメコミ界の重鎮スタン・リーが初めて手がける英国アクションドラマです。

ロンドン警察の殺人課刑事ハリー・クレイトン (ジェームズ・ネスビット) はギャンブル依存症で、そのせいで妻と子供に捨てられ、上司にもうとまれている。

裏社会のボスに多額の借金があり命が脅かされる中、謎の女性(若いころの仁科明子風)から古い腕輪を渡されたことで運が良くなっていく。


Sponsered Link

そんな折、裏社会のボスが殺害される!!

腕輪はハリーに運をもたらすが、同時に代償として他の者が不運に襲われる。

ドラマのストーリーは引き込まれるものがあり、面白く今後の展開が楽しみなドラマです。

ただし、アメリカンドラマに慣れていると主人公やその妻など、少しやぼったく感じられます。

ギャンブル依存症の刑事はもっとギラギラしていてほしい!

離婚協議中の夫婦はもっと殺伐としているべき!!

慣れてくるともっと楽しめると思いますが。 


Sponsered Link


Sponsered Link

 

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。


ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

huluで第7話まで配信中です。

それでは・・・

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

人気ブログドラマランキングへ

にほんブログ村 テレビドラマランキングへ





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。