アンナチュラル 第2話 あらすじ&感想ネタバレ注意!

キャスト
UDIラボ所長 神倉保夫(松重豊)
【三澄班】
法医解剖医 三澄ミコト(石原さとみ)
臨床検査技師 東海林夕子(市川実日子)
記録員 久部六郎(窪田正孝)
【中堂班】
法医解剖医 中堂系(井浦新)
臨床検査技師 坂本誠(飯尾和樹)


Sponsered Link

アンナチュラル 第2話 あらすじ

ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、少女の手首に傷を見つけたミコトは解剖することを決める。

解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。さらに、胃の中から解読不可能なダイイングメッセージ「ユキオトコノ イ タスケテ 花」のメッセージが書かれたメモが見つかる。


Sponsered Link

間違いなく事件であると確信したミコト、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、少女を不憫に思い、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。

解剖の結果、少女は冷凍施設で死んだようだ。一酸化炭素の濃度から3人が死んでから警察がくるまでにドアを開けた人間がいる。その時少女を運んだのではないかと仮説を立てた。

警察の調査で少女はガールズバーで働いており、ミケと呼ばれていてネカフェで生活していたことがわかった。自殺サイトが突然閉鎖され警察がサイト開設者を訪ねると、きみの悪いネカマが来るようになって閉鎖したという。

そんな中、突然ミコトは六郎を温泉に誘う。温泉地へと向かったミコトは温泉の成分を調べる。温泉地は鹿肉料理が名物で胃の内容物と同じ、鹿肉のカレー風味おにぎりを発見する。


Sponsered Link

帰り道ミコトたちは不審な保冷車を発見する。ミコトは保冷車の中に結束バンドを発見する。ダイイングメッセージの花の後はイルだったこともわかる。その時突然、保冷車のドアが閉められる。

そして冷気が車内に流れてくる。犯人はミコトたちの持ち物を燃やし、保冷車を走らせ、車ごと池に落とす。絶対絶命のピンチ!!

ミコトからの電話にやっと中堂がでた。ミコトは検査キットで調べた水質を中堂に告げる。水質をもとに必死に場所を探す中堂、車がどんどん水没していく中ミコトは六郎に自分の家族の練炭自殺の話をする、あきらめないミコト・・・


Sponsered Link

感想

結局動機は何なのか?よくわかりませんでした。

ミコトは婚約者と完全に別れたみたいですね。

六郎は週刊誌にミコトを売っていた!!さて、どうなるんでしょう。

次週に続く・・・



Sponsered Link


Sponsered Link

 


日本ブログ村海外ドラマブログランキング

人気ブログ海外ドラマランキングへ

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


海外ドラマランキング

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。