アンナチュラル 第3話 中堂訴えられる! あらすじ&感想ネタバレ注意!

キャスト
UDIラボ所長 神倉保夫(松重豊)
【三澄班】
法医解剖医 三澄ミコト(石原さとみ)
臨床検査技師 東海林夕子(市川実日子)
記録員 久部六郎(窪田正孝)
【中堂班】
法医解剖医 中堂系(井浦新)
臨床検査技師 坂本誠(飯尾和樹)


Sponsered Link

アンナチュラル 第3話 中堂訴えられる!

あらすじ

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した「主婦ブロガー殺人事件」の裁判に、同僚の坂本誠(飯尾和樹)にパワハラで訴訟を起こされている中堂の代理証人として出廷することになる。

被告は被害者の夫の要一(温水洋一)、殺害の動機は妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。

しかしミコトが裁判で見た3D画像は、右利き用の包丁で刺されているため傷と凶器が矛盾していた。証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、裁判中に凶器の矛盾を指摘する。


Sponsered Link

裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒する。

裁判後、ミコトと会った被告の要一も一転して無実を主張する。気が弱い要一は成り行きで犯行を認めたのだという。

「検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのでは」と所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため、一転して弁護側の証人として法廷に立つ!

次の法廷では、相手側のベテラン法医学者にミコトは経験の少なさから判断を誤ったと証言される。烏田も有罪率99.9%の威信をかけてミコトを攻撃する。「ミコトの証言は女性特有の自己アピールだ!」と主張しミコトの冷静さを失わせる。


Sponsered Link

裁判でミコトの取り乱した姿を見た要一は、やっぱり女性は信じられないと思い込み、情状酌量を求め罪を認めると言い出す。

ミコトは必死で無罪を勝ち取るため自腹で豚肉を購入し刺し傷の実験を行うが、なかなか新しい証拠にはたどり着かない。煮詰まったミコトは殺人事件の資料を最初から調べ始める。そしてミコトはホルマリン漬けの傷口の成分から、ある成分の数値が高いことに気づく。

要一の考えを変えさせるため、ミコトは中堂を代理証人として出廷させる。

裁判で中堂はホルマリン漬けの傷口から鉄、クロム、ニッケルの成分が出ているので凶器はステンレスだと主張する。また、ケイ素の数値が異常に高いのは、あわせど(高級な砥石)で手入れをされたステンレスの包丁の証拠だと断言する!

犯人は京料理の店を営んでいる、殺された主婦ブロガーの弟で、金をめぐる犯行だった。

一方そのころ、ミコトは坂本へ新しい職場を紹介し中堂への訴えを取り下げさせていた。


Sponsered Link

感想

最後のシーンで葬儀屋と怪しい雰囲気の中堂。検事の烏田が中堂に「いつまでも逃げれると思うなよ!」と捨て台詞を吐きますが、中堂は殺人犯なのか。

ミコトの一家心中ともかかわってくるのかな!

六郎は週刊誌にネタ売ってんのいつばれるのかハラハラしますね。窪田正孝っていい役者ですね!

井浦新は、ピンポンで見たときおもしろい役者が出てきたなと思ったんですが、豊川 悦司にはなれませんでしたね。まあ、これからですが!

次週に続く・・・


Sponsered Link


Sponsered Link

 


日本ブログ村海外ドラマブログランキング

人気ブログ海外ドラマランキングへ

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


海外ドラマランキング

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。