松本潤 主演 99.9 刑事専門弁護士 シーズン2 第3話 あらすじ&感想ネタバレ注意!

キャスト
斑目春彦(岸部一徳) 斑目法律事務所・マネージングパートナー
佐田篤弘(香川照之) 斑目法律事務所・弁護士
深山大翔(松本潤) 斑目法律事務所・刑事事件専門ルーム弁護士
尾崎舞子(木村文乃)元裁判官・大学法学部在学中に司法試験に合格したエリート
川上憲一郎(笑福亭鶴) 瓶東京地方裁判所・所長代行を務める裁判官
遠藤啓介(甲本雅裕) 東京地方裁判所・裁判官


99.9 刑事専門弁護士 シーズン2 第3話 舞子は中学時代「腹話術部」に在籍していた!

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。

茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、茅ケ崎の逮捕にかなり焦っている様子!茅ヶ崎の接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命する。

 茅ヶ崎との接見で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。

最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。

依頼人の利益を守ろうと策を講じた佐田のせいで、結果的に依頼人がピンチに立たされてしまったことを攻め立てる深山たち。佐田は舞子に任せるといって、深山にも協力を依頼し二人に丸投げする。

しかし、殺人事件では石川の目撃証言、殺人未遂事件では凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!

そんな状況で石川の意識回復したとの連絡が入った、だが出廷はできないということで入院中の病院で出張訊問を実施することになった。

訊問で石川は寝ていたので犯人を見ていないといい、新しい証言はでなかった。しかし深山は現場での実況見分が必要と裁判の延期を主張し認められる。

実況見分が雨の日を待って行われた。しかし、石川は殺人のあった日はこんなに雨が強くなかったと主張し、実況見分が中止された。

その後、石川の婚約者、村野まさよしに会いに行った深山と舞子。深山は石川とおそろいで買ったというモアイの写真たての裏を見てあることを発見した。

そして裁判が始まる。実況見分のビデを流すと実況見分中止後の映像まで入っていた。そこには大きな看板の名前を間違える石川の姿が!深山たちは、前日に看板を架け替えていたのだ。

深山たちは石川の住んでいるマンション管理人の「最近廊下の掃除でごみを見逃すことがあった」という証言と、病院での訊問時に婚約者の姿が見えていなかったことから、石川の目の異変に気づいていたのだ。

そして凶器のモアイの写真たてを石川に確認させる。石川はモアイの写真たての裏のメッセージに自分で書きたした文字があることに気づく。

モアイの写真たての裏のメッセージを見る石川
モアイの写真たての裏のメッセージを見る石川

石川は茅ヶ崎が犯人ではないと証言する。凶器がおそろいで買った婚約者の村野のものだとわかったのだ。

村野は殺されたジャーナリスト・安田にインサイダー取引の証拠を握られ脅されていたため殺し茅ヶ崎を犯人にしたてあげたのだ。そして、婚約者の石川にうその証言をさせたが弱気になったため石川も殺そうとしたのだ。凶器の茅ケ崎の指紋はファンのふりをしてサインをもらった時につけたものだった。

感想

今日もダジャレがウザかったですね。凶器の証拠にもダジャレとは!

川上(笑福亭鶴瓶)、山内(松尾諭)に自分を信じてやれと言っておきながら、左遷させるとはやっぱり悪そうですね!今後どうかかわってくるのか、深山の父親の担当裁判官だったのかな?

舞子が中学時代「腹話術部」に在籍していたことにはびっくりしました。

次週に続く・・・

日本ブログ村海外ドラマブログランキング

人気ブログ海外ドラマランキングへ

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


海外ドラマランキング

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

->