松本潤 主演 99.9 刑事専門弁護士 シーズン2 第4話 あらすじ&感想ネタバレ注意!

キャスト
斑目春彦(岸部一徳) 斑目法律事務所・マネージングパートナー
佐田篤弘(香川照之) 斑目法律事務所・弁護士
深山大翔(松本潤) 斑目法律事務所・刑事事件専門ルーム弁護士
尾崎舞子(木村文乃)元裁判官・大学法学部在学中に司法試験に合格したエリート
川上憲一郎(笑福亭鶴) 瓶東京地方裁判所・所長代行を務める裁判官
遠藤啓介(甲本雅裕) 東京地方裁判所・裁判官



99.9 刑事専門弁護士 シーズン2 第4話 舞子の腹話術が上達していた!

斑目法律事務所に岩村梢(有森也実)が刑事事件の弁護でやってきた。被疑者は、梢の夫で岩村モータース(タナハシ機械製作所の下請け)の社長・岩村直樹。

 

直樹は、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺したのだ。事件は被疑者死亡のため書類送検されて、不起訴処分になったが、梢は幸次郎の兄で社長・政一郎(迫田孝也)から慰謝料として3億円の損害賠償請求をされていた。

凶器のスパナには直樹の指紋がついていたが、梢はあることから直樹の無実を確信していた。梢には直樹が死ぬ間際に携帯のメールで遺書が届いていたが、梢はメールが丁寧すぎるというのだ。

だが、佐田(香川照之)は、被疑者死亡の場合、裁判が開かれないから、これ以上の弁護は無理だと説明して、依頼を断る。しかし、深山(松本潤)はすでに事件現場に向かっていた。現場検証を行った深山はスパナを持ち出した時点で逃げるはずだと納得いかない。

さらに直樹はモンスタークッキングという番組が好きで、いつもノートにレシピをメモしていた。殺害時刻にもTVを見ながらレシピをメモしていたことに気づく。深山を連れ戻すよう佐田に指示を受けていた舞子(木村文乃)も、結局深山のペースに巻き込まれる。しかし、細かく調べていく中で、刑事記録に矛盾があることが判明する。

一方、佐田は直樹がエンジンに関する特許を今年認められ個人で持っていて、莫大な価値があることに気付く。政一郎は、梢に相続を放棄させることで莫大な価値があるこの特許を手に入れようとしていたのだ。

佐田はタナハシ機械製作所の下請会社アダチ工業の足立に話を聞くと、タナハシ機械製作所は経営がうまくいっておらず弟の棚橋幸次郎と岩村直樹が新会社を設立しようとしていて、そのことに兄の政一郎が憤慨していたというのだ。舞は検察に再捜査を依頼するが断られる。裁判官時代との対応の違いに憤りを感じる。

 

佐田は、梢の依頼を正式に受けて、政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正)に会いに行く。森本は、民事でやり手の弁護士で、佐田とは面識こそないもののお互い名前を知るライバル関係だった。佐田が事務所に戻ると深山が凶器の鑑定書を持って待っていた。

そして法廷で佐田は、凶器のスパナから岩村が亡くなった場所にあったセメントと一致する成分が出たと証言する。それは、岩村の指紋を付けてから殺害現場に持って行ったからだと説明。森本はセメントの成分が事件後に誤って付けられたものだと切り返す。佐田は次にアダチ工業の足立に証言させるが全く逆の証言をする。足立は政一郎の命令で証言を変えてしまったのだ。

 

その後、深山たちは直樹が直接飛び降りたビルに向かったという目撃証人を探していた。そこへ森本が訪れる。すると、佐田がある奇策を思いつく。目撃証人が見つかったと嘘をついたのだ。

森本は政一郎に直樹が自宅から殺害現場へ向かったという目撃証言(嘘でもいい)を探せと命令する。法廷では証言者としてまた足立が呼ばれていた。深山から直樹の服装を聞かれた足立はアイボリーのセーターを着ていたと証言する。しかし防犯カメラに写っていた映像にはコートを着ていた直樹の姿があった。

 

深山は足立が犯人だと宣言する。するとあせった足立は証言が嘘だと認める。そして政一郎が逮捕される。コートには政一郎の血液が付着していたため持ち去ったことを深山は読んでいた。

感想

有森也実の登場シーンで一瞬東京ラブストーリーのテーマが聞こえましたね。細かい演出!

舞に腹話術の人形が届く。舞の腹話術が上達しているではないか!舞の持っている少年の写真は誰、えん罪の被害者?

次週に続く・・・ 

 

日本ブログ村海外ドラマブログランキング

人気ブログ海外ドラマランキングへ

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


海外ドラマランキング

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

->