松本潤 主演 99.9 刑事専門弁護士 シーズン2 第5話 「歪められた少年裁判」 あらすじ&感想ネタバレ注意!

99.9

松本潤 主演 99.9 刑事専門弁護士 シーズン2 第5話 「歪められた少年裁判」 あらすじ&感想ネタバレ注意!

あらすじ

大怪我(のちに嘘だと判明)をした元同僚の志賀(藤本隆宏)と奈津子(渡辺真起子)が相談にやってきて、志賀が怪我して動けないので、請け負った刑事裁判の弁護を協力してほしいという。

その刑事事件とは、女子高生・工藤久美子(清原果耶)に対する強制わいせつ事件で、17歳の山崎大輝とその友人・大江徳弘が、久美子の証言により容疑者として起訴されていた。さらに調書によると、山崎は一度自白をしてしまっていた。

さっそく山崎の元へ接見にいった深山(松本潤)と舞子(木村文乃)は、警察に長引くと金がかかると脅されて山崎が自白したということを知る。 さらに山崎は、事件当日は、焼肉屋にいたと証言する。

舞子が焼肉屋で確認すると店員(アキラ100%)は、お客を一人一人覚えていないといってアリバイが取れない。

第1回公判では、教育評論家の母親が娘は被疑者たちから脅されて電話をしてきたと証言し、検事が証拠の通話記録を提示する。それに対して深山は通話記録の開示を求める。裁判官の心証を悪くしたと心配するまだ裁判官目線の舞!

しかし、深山は山崎から聞き出したある情報をもとに刑事事件ルームの面々と再び焼肉屋に向かった。そして、山崎らと同じようにタレをお代わりし、ご飯にかけて食べていると店員も思い出したのだった。

第2回公判では、焼肉屋の店員もアリバイを証言するが裁判官の遠藤(甲本雅裕)は100%断言できるかと問いただし、弁護側に一貫して頑なな姿勢で弁護側の主張を採用しようとしない。

この事件を少年法改正のために利用しようと裁判所と検察の思惑が一致して、両者が半ば結託するような形で進められていたのだ。

公判後、深山は被害者の通話記録を調べる。すると被害者が襲われた時間に誰かに電話していた。深山が電話するとそれは出会い系サイトで知り合った男の電話番号だった。被害者はその男にあった後に母親に電話していた。

第3回公判では、出会い系サイトで知り合った男が証言台に立ち12月12日の犯行時間に被害者にあったと証言する。これで勝ったと思った深山たちだが…

第4回公判では、被害者が12月12日に出会い系サイトで知り合った男と会っていたことを認める。だが、被害者が犯行は12月6日(山崎たちのアリバイのない日)の間違いだったといいはる。深山達が見つけたアリバイさえも跳ね除けられる。

絶体絶命な状況の中で、深山は12月6日は水曜日なのでダンサーたちが犯行時間に現場のビデオをとっていたことを調べあげた。

だがその頃、被疑者の大江が犯行を自白していた!

接見した深山に大江は、犯行時に雨が降っていたから思い出したと証言した。ダンサーたちが録画していた犯行時間のビデオでは雨が降っていないことに疑問を抱いた深山は、犯行時間に雨が降っていた場所を西府中駅周辺と特定し大江の目撃証言を探す。

犯行時刻に雨が降っていた西府中駅周辺で大江の目撃情報を探したが見つからない。深山は帰りのバスである看板を見つける。

第5回公判

深山は犯行時刻には西府中駅周辺だけ雨が降っていたことが証明する。そして12月6日の犯行時間に西府中駅周辺でひったくり事件が発生していたことを説明し、犯人が大江ではないかと証言する。深山が見つけた看板は、ひったくり犯を捜索する看板だった。被害者の証言を大江が利用しようと考えたのだ。

そして被害者も証言が嘘だと認め、検察官に日時を変更するよう強要されたと証言するのだった。

感想

今日のダジャレ大賞は看板に向かって「カンバンワ!」ですかね。

えん罪事件はこうして作られるんだって感じのストーリーでしたね。でも、なぜ被害者が最初に嘘の証言をしたのかがよくわからない!

清原果耶!もうちょっといい役で登場させてほしかった。誰でもいいような役じゃないですか。

舞が持っていた少年の写真は弟か、次回判明?

 

 

日本ブログ村海外ドラマブログランキング

人気ブログ海外ドラマランキングへ

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


海外ドラマランキング

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

->