海外ドラマ 「マインドハンター」 評価 4.5点/5点Netflix (ネットフリックス)オリジナル

70年代後半、プロファイリングの技術を確立させようと奔走するFBI捜査官のドラマ「マインドハンター」の評価 4.5/5点 あらすじ&一気見感想! Netflix (ネットフリックス)で配信中!


Sponsered Link

感想

ぶっちゃけゲームオブスローンズよりもウオーキングデッドよりも続編が早く見たい!

1970年代後半、まだFBIでプロファイリングの技術が確立されていなかった時代にそれを確立すべく必死に奔走する主人公たちの物語。

プロファイリングを確立させていくさまがテンポ良く小気味良い!各エピソードに出てくる犯罪者たちや犯行現場、犯罪描写など物凄いリアリティを感じてゾッとする。

特に重要なカギを握る実在したシリアルキラー「エド・ケンパー」には本物が演じているのではと錯覚するほど!

シーズン1最終話でホールデンが近づきすぎて友人のように接してしまい、恐怖を感じる様はトラウマになりそうなほど怖い!


Sponsered Link


あらすじ

1977年FBIの若き捜査官で人質解放交渉人のホールデン・フォードは土壇場で犯人に自殺され歯がゆい思いをする。

現在の捜査方法に限界を感じたホールデンは上司に相談する。そして行動分析課のベテラン捜査官ビル・テンチを紹介される。

その後、行動心理学の専門家ウエンディ・カー博士が加わり、局内の圧力などに抵抗しながらシリアルキラーへのインタビューを軸に本格的なプロファイリングの手法を犯罪学として確立させていく過程が描かれている。

海外ドラマランキングへ移動

人気ブログ海外ドラマランキングへ

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


海外ドラマランキング

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。