海外ドラマ「シカゴ・ファイア」の評価 4.0点/5点 あらすじ&感想!

ボーデン大隊長の指揮のもとシカゴ消防局51分署は、火災現場や自然災害、事故・事件などの現場で命がけの人命救助活動をチームワークよく行っていた。だが、火災現場での一人の消防士の殉職により51分署に亀裂が広がっていく!「シカゴ・ファイア」の評価 4.0点/5点 あらすじ&感想!TSUTAYA TVでレンタル視聴!


Sponsered Link

あらすじ

ボーデン大隊長の指揮のもと、シカゴ消防局51分署は、はしご第81小隊の小隊長ケイシー、救助第3小隊(レスキュー隊)の小隊長セブライド、そして救急第61隊の救命救急士ドーソンとシェイらを中心に、火災現場や自然災害、事故・事件などの現場で命がけの人命救助活動を行っている。

ある日、いつものように出動した火災現場でケイシーの部下でムードメーカーだったダーデンが殉職してしまう。ケイシーは自責の念にかられ、ダーデンと特に仲の良かったセブライドは事故原因をめぐりケイシーと反目しあうようになっていった。

事故から1ヶ月後、新人の候補生ミルズが51分署にやってくる。消防士だった亡き父の跡を追い、立派な消防士になるべく張り切るミルズ。

ケイシーはレイクショア病院の研修医ハリーと婚約しているが、まだ早いと指輪を返されてしまう。そんなケイシーに思いを寄せるドーソンは、事故の搬送中の少女の命を救うが、気管挿管が権限を越えた行為だとして事情聴取を受けることに。

セブライドは右肩の痛みを鎮痛剤でごまかしていたが、症状は改善されず鎮静剤の量が増え不安を抱えていた。


Sponsered Link


感想

シカゴ消防局51分署に所属する消防士や救急隊員らが力を合わせて、命がけで人命救助にあたる姿を描いたレスキューアクション!

とにかく登場人物のキャラが立っていて魅力的!特にセブライド役のテイラー・キニーが渋さがありメチャカッコいい!彼はレディガガの元カレだったそうですが納得です!

そしてストーリーの完成度が高く、一話完結のドラマとしても十分楽しめる。

シーズン1の最初はちょっとつまらない感じがしたが、悪徳警官のボイドが絡んでくるあたりからドロドロに面白くなっていく!

私はスピンオフのシカゴPDから見てしまったので、特にボイドが気になるのかもしれないのだが!やっぱり最初にこっちを見ておけばよかったと後悔!

ただ、こういうドラマにありがちな職場でSEXする場面など(勤務時間外がではあるが)、日本では懲戒免職級のモラルハザードに関する場面は、受け入れられない部分がありますね!

同じレスキューをテーマに扱ったドラマ「9-1-1: LA救命最前線」なんかは、あまりにも酷すぎて見るのをやめてしまいました!真面目すぎでしょうか!?

海外ドラマアンケートを実施してます。ぜひ参加してください👇

海外ドラマ評価ランキングへリンク

hulu

まずはお試し視聴から!⇓

海外ドラマバナー U-NEXT
DEXTER/デクスター amazonプライムビデオの30日間無料体験はこちらから


ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。