スノーフォール 第1話 ヒットの予感!

 ドラマの舞台は1983年、コカインが蔓延し始めたロサンゼルス。
高校を卒業し、バイトやマリファナの販売で気ままな日々を送っていた黒人青年フランクリンは、ふとしたことから犯罪組織の大物・アヴィと知り合い、たった1日で1kgの彼のコカインを売りさばき1万2000ドルを用意するように要求されてしまう。だが、これは大きな取引のチャンスでもある。一方、コカイン密輸に関わっていたCIA捜査官ローガン・ミラーがが麻薬の過剰摂取で死亡してしまう。居合わせたニカラグアの反政府ゲリラの一員・アレハンドロは、死んだ捜査官がドラッグの売買で得た利益でコントラ組織(中米ニカラグアの親米反政府民兵)への支援を行っていたことを説明し同僚のテディーに助けを求める。悩んだ末にテディーが出した答えとは・・・。そこにコカイン市場への新規開拓を目論むメキシコの麻薬カルテルも絡んでくる模様。大物俳優はでていませんが、1話目でこれほどワクワクする展開も最近なかったので、これはヒットの予感!犯罪組織の大物・アヴィのデニスホッパーのようなぶっ飛んだ演技もなかなかいいですね。

「ザ・ワイヤー」クラスになってほしいものです。それには名刑事の登場が必要でしょうか。

楽しみですね。

huluで毎週火曜日に新エピソード追加配信。ただし各エピソードは配信開始日より、20日間の限定配信なので注意してください。

それでは・・・ 


Sponsered Link


Sponsered Link

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。