ウォーキング・デッドシーズン9第2話「復興の道」ついにニーガン登場!

ウォーキング・デッドシーズン9第2話「復興の道」救世主たちの不満が高まるなかニーガン登場

あらすじ&感想 ネタバレ注意!

リックたちはウォーカーの群れに名前を付けキャンプや作業場からそらしながら、リック指揮のもと労働力となる救世主たちを中心に橋の復興を進めていた。だが不満を抱えた救世主の中から逃亡者が出始めていた。

そんな中、乱暴で協調性がなく、度々ダリルともめ事を起こしていた救世主のジャスティンが見張りを怠り作業場がウォーカーに襲撃される。そのとき丸太の下敷きになったアーロンが片腕を失うという事件が発生する。

リックはわざと見張りを怠ったと激怒しジャスティンをキャンプから追放する。


Sponsered Link


一方、聖域への食料提供を頼みにミショーンはヒルトップのマギーを訪ねるが、マギーは聖域からの燃料が届かなければ食料は渡さないと突っぱねる!

燃料は聖域からヒルトップへ送られたはずだったがなぜか届いていなかった。

そして最後のシーンでリックと話をするのは投獄されたニーガンだった!


Sponsered Link

感想

神父が生きていた!しかもジェイデス(ごみ屋敷の女王)といい関係になっていた。キスまでしてリア充感満点!

キャンプから逃げ出した救世主のメンバーはどこへ行っているのか?ジョージーたちと合流!?それともニーガン救出を虎視眈々と狙っているのか不気味ですね!

救世主のジャスティンは誰と会ったのか?気になりますね…

【関連ブログ記事】ウォーキング・デッドシーズン8第16話「戦いの果て」ユージーンの策略!ついにシーズン最終話!

海外ドラマランキングへ移動

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。