邦画「何者」評価 3.0点/5点 あらすじ&感想!huluで配信中!

三浦大輔 監督作品(2016年)

大学の演劇サークルに全力投球していた拓人(佐藤健)、拓人がずっと前から片想いをしている瑞月(有村架純)、瑞月の元カレで拓人とルームシェアをしている光太郎(菅田将暉)、拓人たちの部屋の上に住んでいる瑞月の友達の理香(二階堂ふみ)、就活はしないと宣言しつつ、こっそり就職活動をしていた理香と同棲中の隆良(岡田将生)。理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まることに…「何者」の 評価 3.0/5点 あらすじ&感想!huluで配信中!


Sponsered Link

あらすじ

大学の演劇サークルに全力投球していた拓人(佐藤健)、拓人がずっと前から片想いをしている瑞月(有村架純)、瑞月の元カレで拓人とルームシェアをしている光太郎(菅田将暉)、拓人たちの部屋の上に住んでいる瑞月の友達の理香(二階堂ふみ)、就活はしないと宣言しつつ、こっそり就職活動をしていた理香と同棲中の隆良(岡田将生)。ひとつの部屋に集まった就職活動にいそしむ5人の男女。

理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まることになった5人。それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。

やがて仲間から就職内定者がでて「裏切り者」が発覚した時、これまで抑えられていた本音が露になる!

朝井リョウが直木賞を受賞した原作の映画化作品。

Sponsered Link


感想

大学卒業を控え、まだ就職できない焦りやもどかしさが頂点に達したときに発覚する仲間の裏切り!でも本当は仲間なんて思っていない。自分が好意を持っている人間以外には優しくなれないのだ!

ツイッターに裏アカウントで仲間の悪口を書く。それ自体、闇は感じるがそれほど問題にはならない。だがそれがバレたらかなり深刻な事態になる。

人間とは他人のことばかり気にしているセコイ生き物なのだと痛感させられる!(そうじゃない人もいるだろうが…)この作品はそんなタブーとされていることを拓人のツイッターを使ってさらけ出しているように感じてしまう。

直木賞を受賞した原作の映画化だけに、本当はもっと深みのある(善意のある)話なのではないかと思い原作を読んでみたが、全くもって忠実に再現されていた!

ただ、だれもが興味深いテーマであることは間違いないと思う!

hulu

海外ドラマランキングへ戻る

まずはお試し視聴から!⇓

海外ドラマバナー U-NEXT
DEXTER/デクスター amazonプライムビデオの30日間無料体験はこちらから


ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。