邦画「僕らはみんな生きている」評価 3.5点/5点 あらすじ&感想!huluで配信中!

僕らはみんな生きている1993松竹)評価 3.5点/5点

賄賂がモノをいう発展途上国タルキスタン共和国! 

日本の開発援助による橋建設事業をめぐり、三星建設とIBC国際建設が競っていた。

そんな折、タルキスタン共和国の開発責任者カッツ大佐の誕生式典の最中、タルキスタン解放軍によるクーデターが発生する!

式典に呼ばれていた三星建設の支店長中井戸(山崎努)、プレゼンのため出張できていた設計三課の高橋(真田広之)、IBC国際建設(ライバル企業)富田(岸部一徳)、技術担当升本(嶋田久作)の4人が一瞬にして戦場と化したタルキスタン共和国から力を合わせて必死で脱出しようとする。


Sponsered Link


バブル末期、日本のサラリーマンは世界中で頑張っていた!コメディでありながらサラリーマンの悲哀を描いた映画!

自分がこんな状況に陥ったら果たして生き残れるだろうか?そう考えると怖い映画でもある!

最後の方は真田広之がサラリーマンには見えなくなる感もあるが…

huluで配信中です!

それでは・・・

hulu

海外ドラマランキングへ戻る

まずはお試し視聴から!⇓

海外ドラマバナー U-NEXT
DEXTER/デクスター amazonプライムビデオの30日間無料体験はこちらから


ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。

2件のコメント

  1. 動画自体をアップされた方への批判ではありません。
    この予告編はダメですよね。ただのドタバタコメディ映画としてしか紹介していない。(原作漫画はまた別の訴求のある漫画ですが)この映画は、一見ドタバタと思わせておいて、実は、日本のサラリーマンが働く意義や、それを無価値化するような「キレイごとのテーゼ」に対して、真っ向から噛み付く骨太なアンチテーゼが提示されていたのに、その部分を全く匂わせることができていない。とてもいい映画なのに、今、動画で無料で見れるのが予告だけなのだとしたら、予告編を作り直していただきたい。(当時の映画館興行を狙っただけの予告編と、現在の動画試聴のための予告編は作り直してもいいのではないかと思っています。

    1. 正直言って真田広之が当時の海外赴任のサラリーマンには見えないのが残念でした!
      映画自体は共感する部分が多く面白い映画でしたね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。