とにかく凄いインパクト!映画「楽園」のあらすじ&感想!ネタバレ注意!

豪士と善次郎は異常な犯罪者なのか!それとも閉鎖的な村社会の被害者なのか!「楽園」の評価 3.0点/5点 あらすじ&感想!現在ロードショー中!


Sponsered Link

あらすじ

青田が広がるとある地方の田舎町の屋台や骨董市で賑わう夏祭りの日、一人の青年・中村豪士(綾野 剛)が慌てふためきながら助けを求めてきた。偽ブランド品を売る母親がヤクザに恫喝され暴力を振るわれていたのだ!

仲裁をした藤木五郎(柄本 明)は、友人もおらずに母の手伝いをする豪士に同情し、職を紹介する約束を交わすが、その日、青田から山間部へと別れるY字路で五郎の孫娘・愛華が忽然と姿を消し、その約束は果たされることは無かった。必死の捜索も空しく、愛華の行方は知れぬまま!

愛華の親友で、Y字路で別れる直前まで一緒にいた紡(杉咲 花)は罪悪感を抱えながら成長する。そして、ふとした出来事から紡は豪士と心を通わせることになる。

12年後の夏祭りの日、再び事件が起きる。12年前と同じようにY字路で少女が消息を絶ったのだ!

捜索隊が組まれる。その時12年前に消息を絶った愛華の父の「豪士が怪しい!」その一言で住民の疑念は一気に豪士に浴びせられる!追い詰められた豪士は街へと逃げるが……

その惨事を目撃していた田中善次郎(佐藤浩市)は、Y字路に続く限界集落で、亡き妻を想いながら、愛犬レオと穏やかに暮らしていた。

しかし、善次郎が立てた養蜂での村おこし計画が集落の反感を買い、村人から拒絶され孤立を深めていく。嫌がらせを受け続けた善次郎は次第に正気を失い、想像もつかなかった事件が起こる!

Y字路から起こった二つの事件、容疑者の青年、傷ついた少女、追い込まれる男…

三人の運命の結末は…


Sponsered Link


感想

これは推理サスペンス映画ではありません!

予備知識なくこの映画を見た私はすぐに「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」という嫌なフレーズが脳裏をよぎった。2013年、山口連続殺人放火事件現場に貼ってあった張り紙に書かれた川柳である。

物語の後半は、この事件をモチーフにしたものである。豪士も善次郎も閉鎖的な村社会の被害者である。この映画のストーリーではそう思わざるを得ない!それほどひどい集団による仲間外れやイジメが田舎町とそこにつながる限界集落で展開される!

将来は田舎でのんびり暮らしたい!などと夢見て毎週土曜の夜6時から放送されているテレ朝のTV番組「人生の楽園」ファンの心を一瞬にして打ち砕いてしまう!(タイトル「楽園」は「人生の楽園」ファンに警鐘を鳴らすためにつけられたのではないだろうかと深読みしてしまった。)

ど田舎であればあるほど地域の住民の結びつきは強く、よそ者は最初歓迎されても本当の仲間にはなれない!そして何かのきっかけで村八分になり集団攻撃を受けることになる。(そうならないことの方が多いとは思うが…)

心が締め付けられるだけの悲しい物語である。バランスを取るかのように紡に想いを寄せる幼馴染の野上広呂(村上虹郎)と紡の温かみを感じるストーリーも用意されているが全く入ってこない!

どう評価すればいいのか判断が難しい映画!とにかくインパクトはある!綾野 剛はこういう役がメチャクチャ上手く似合っているし、根岸季衣の演技は凄いの一言!

豪士と善次郎の犯行シーンを入れなかったのはショックを和らげるためかな…(犯行シーンを入れたら日本映画史上最もインパクトのある映画になったかもしれない!単館でしか公開できなかった可能性もあるが俺は絶対見る!)

若い女性もかなり見に来ていた。村上 虹郎か綾野 剛のファンなのだろうか?ショックを受けないか心配になってしまった。

hulu

海外ドラマランキングへ戻る

まずはお試し視聴から!⇓

海外ドラマバナー U-NEXT
DEXTER/デクスター amazonプライムビデオの30日間無料体験はこちらから


ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みになりますのでよろしかったら下のバナーをポチっと m(_ _)mよろしくお願いいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。